攻撃による被害

Webアプリケーションの活用を行う多くの企業の味方となっているのがWAFです。WAFなら、一般的なファイアウォールで防ぐことが難しいWebアプリケーション自体への不正攻撃も防ぐことができます。
Webアプリケーションへの攻撃は様々な物があり、事例によっては甚大な被害をもたらしたものも存在しています。そのため、WAFでしっかりと対策を行い、リスクマネジメントに務めることが大切なのです。
安心してIT戦略を行うために、対策を行うことが大切なのです。

Webアプリケーションへの攻撃事例は多数報告されています。
例えば、ログイン制の会員サイトへの攻撃があります。外部から情報を改ざんすることにより、ログインしていない状態でも、情報が閲覧し放題になったという事例が確認されています。
ログインの無効化によって、重大な個人情報の漏洩リスクが発生します。二次被害や損害賠償などに発展する恐れもあるので、なんとしても防がなければいけません。
その他にも、ホームページが改ざんされ、フィッシングサイトに勝手にアクセスするようにされたという事例も発生しています。
閲覧しているユーザーを違法性のあるサイトへ誘導することは、運営する会社のイメージ低下にも繋がります。二次被害にも繋がる恐れがあり、運営側にもユーザー側にも非常に危険が伴います。
上記以外にも数えきれないほどの事例が存在しています。不正攻撃による損失を防ぐためにも、WAFの導入は必要となってくるのです。

ページのトップへ戻る