WAFとは

Webアプリケーションに対する攻撃を防ぐ、WAFと呼ばれるシステムが存在しています。
WAFとは「ウェブアプリケーションファイアウォール」の略で、Webアプリケーションに特化した防火壁、という意味があります。
導入することで、Webアプリケーションを運用する上での多くのリスクを軽減することが可能となるのです。

Webアプリケーションは、利用しているユーザーから様々なリクエストを受けます。入力されたリクエストなどに対し、パターンに沿ったページを生成してユーザーに応答しますが、その隙間に不正な攻撃を受ける可能性も抱えています。
通常のファイアウォールの場合、ネットワーク上のやり取りを監視しているものがほとんどなので、Webアプリケーションを介した不正アクセスを防ぐことは難しいです。
そのため、Webアプリケーション自体を解析し、データの中までしっかりと監視できるWAFが必要とされているのです。
WAFを導入する場合、Webアプリケーション自体に手を加える必要は殆どありません。Webアプリケーションの問題を即時に無効化することができるので、扱いやすいことが大きなメリットとなっているのです。
WAFの導入で、Webアプリケーションの脆弱性に対し瞬時に、なおかつ効果的に対処を行うことが可能です。
脆弱性の判明に対し、冷静に対処できることはWebアプリケーションを運営する上で非常に大切なことです。信頼できるアプリケーションを運用するためにも、WAFの導入は重要と言えるでしょう。

ページのトップへ戻る