脆弱性と対策

インターネットの普及によって、Webアプリケーションも様々な現場で利用されています。
Webアプリケーションは顧客向けのサービスなど、業務の根幹となる活用がされています。しかし、人間が運用するものなので、リスクが発生してしまうものでもあるのです。
Webアプリケーションの大きなリスクと言われているのが脆弱性です。Webアプリケーションは、開発段階のミスやプログラミングの不具合から、脆弱性を持ってしまうことがあります。
脆弱性が見つかると、そこを集中的に攻撃され、内部のデータ等にアクセスされてしまうことがあります。
そのため、脆弱性に対して予め対策を講じることが、大切となるのです。

Webアプリケーションに対する不正なアクセスや攻撃を防ぐため、WAFと呼ばれるシステムが広く利用されています。
Webアプリケーションの脆弱性対策に特化したWAFなら、脆弱性を狙った攻撃に対しても効果的に防ぐことができます。
近年、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃は増加し続けています。そのため、Webアプリケーションを開発、運営を行う責任者には、脆弱性の素早い認識と修正、そしてWAFによる対策を行う義務があるのです。
脆弱性の発見時には、迅速な対処を行うことが大切です。WAFを導入しておけば、脆弱性の発見に対し、迅速な対応を行うことができるので、不正攻撃をいち早く防ぐことができます。
Webアプリケーションの脆弱性を完璧に無くすことは不可能だと言われています。しかし、素早く対応を行うことは可能です。予見されるリスクには、予め対策を講じることが最善なのです。

ページのトップへ戻る